茨城県及び鬼怒川流域のなし栽培の歴史


TOP 初めての方へ 自己紹介 商品内容  注文フォーム  ご利用ガイド  お客様の声  Q&A お問い合わせ

    農園の場所  昭和の農業  特定商取引法 梨の1年作業  梨の品種  梨の歴史  梨をおとどけするまで


茨城県内における歴史

 茨城県の梨栽培の始まりは徳川時代末期(1860年ころ)から明治の初めころで、各産地
の中で独自に発展し、大正時代中期にかけて現在のような産地が形成されてきた。なか
でも、真壁郡関城町(現筑西市)の「関本なし」新治郡千代田町の「土田なし」常陸太田市の「大田なし
」が知られている。

明治末期の「産業全書」には「梨樹ハ温暖ノ地ニ適シ砂質粘土ヲ好ム〜本県ノ風土トシテ適ナル果樹ナリ」と茨城県は栽培に適していることに注目している。また、このあと栽培には相当の労力が必要なことなどを説いている。

 昭和初期においては、昭和恐慌を経験したこの時期には農家更生の一環として有畜経営あるいは諸種の農家副業が推奨されてくる。そのうち、甘藷切干製造、蔬菜促成栽培、椎茸、栗栽培などがおもな副業とされているが、その中に梨があげられ、真壁、関本、川西に梨が推奨されている。また結城地方にも結城の梨としてあげられている。
     明治40年頃の梨園
昔の梨園
                                               
戦火が拡大してきた昭和15年ころから労力、肥料、農薬などが不足し、栽培が困難になって
きたのに加え、対戦末期になると、主食の増産と作付統制から梨園が虫くい状に伐採された。
 
 戦後は、昭和24年に集団栽培面積203町歩、31年には300町歩になった。その大部分は
下妻、関城(現筑西市)、下館(現筑西市)など真壁、結城地方と石岡、八郷(現石岡市)、
千代田(現霞ヶ浦市)など新治地方であった。他に常陸太田市、波崎町などにおいて栽培面
積が増加していった。

 品種は従来の雑多なものから整理されて長十郎が大部分をしめ、そのほか早生赤、石井
早生、新興、八雲、二十世紀、菊水などが栽培されており、その後幸水などの新品種が増加
してきた。特に、昭和36年以降の農業改善事業と作物の選択的拡大によって栽培面積は増加
傾向になった。


鬼怒川流域(下妻、八千代、筑西の県西地域)における歴史


 この地域でももっとも古いのは関城(現筑西市)の関本なしで、
徳川時代までさかのぼることができる。関本なしの栽培は1857年
(安政4年)に上野国緑野村(現群馬県藤岡市)の館野定
四郎氏が始めたと、関本神社には、その由来が記されている。

 下妻市でも同じ頃1857年(安政4年)頃から始まったといわれている。
耕地は田地よりも畑地多く、米麦、大豆、栗、蕎麦の主要農産物をはじ
めとして、梨、茶の産額も多くなり・・・・との記述がある。

 下妻の和梨産地は真壁郡の梨を代表する関城町に連なる一帯の上妻
、大宝、騰波ノ江の各地区に集中している。
 その後昭和36年頃から蚕が減少し始め、果樹栽培、畜産へと変わっていった。

関本梨
関城現筑西市の梨誕生地

                                 
旧川西村の宮田氏宅には古い記録が残っている。
明治17年11月副業トシテ梨樹百六十本即チ凡ソ
四段歩ヲ栽培ス當時當地方ハ梨樹ヲ栽培スルモ
ノ極メテ少ナク・・・・とある。


実はこの宮田宅は私の父の生まれの家
でもある。
実家も梨を栽培していた。
旧川西村(現八千代町)は鬼怒川沿い沖積の肥土(あくと)
を称して「あくとなし」でも有名である。
宮田氏所有の古文書
古文書

トップページに戻る


TOP  商品内容  注文フォーム  ご利用ガイド  お客様の声  お問い合わせ

初めての方へ  自己紹介  農園の場所  昭和の農業  特定商取引法  Q&A

梨の1年作業  梨の品種  梨の歴史  梨をおとどけするまで