身近な茨城弁


TOP 初めての方へ 自己紹介 商品内容  注文フォーム  ご利用ガイド  お客様の声  Q&A お問い合わせ

    農園の場所  昭和の農業  特定商取引法 梨の1年作業  梨の品種  梨の歴史  梨をおとどけするまで





近年若者を中心に茨城弁が離れているように思います。
というか普段の生活からは茨城弁はあまり頻繁には使われなくなっています。

また他県との関わりや新住民、鉄道の発達などでとくに東京方面への通勤範囲である
県南地域などでは急速に茨城弁が衰退していると考えられます。


それでも農家には確実に茨城弁が色濃く残っています。百姓は茨城弁率がかなり高いです。

このままグローバル化して消滅してはならないとの思いから
県北から県南まで場所により異なる場合もあり、県西在住(昭和55年生まれ)の私の視点でわり
とよく聞く言葉を中心に集めました。


茨城弁の特徴

@無アクセントとイントネーションに特徴がある。
A語頭のイとエの混同(わずかながら関東各県にもその傾向がある)、
Bいわゆるズーズー弁(鼻に抜ける言葉)
Cカ行・タ行音の濁音化 等が上げられる。
D東北弁と関東弁にはさまれた独特の言葉の文化がある。

茨城弁の使い方

標準語 茨城弁
いいでしょ いいだろう いか(が)っぺな  よかっぺ
どいて
(例)ちょっと邪魔だからどいてよ
いしゃってろ
(例)ちっと邪魔だがいしゃってろ
無いだろう
(例) そうじゃないでしょ
あんめ
(例)ほじゃあんめな
おおきい
(例)おおきい手だなー
えがい
(例)えーがい手ーしてんじゃねーげー
始める おっぱじめる
自分達 グループなど
(例)私達は知らないよ
おらほう
(例)おらほうじゃしんねーどー
気性が激しい人 きかんぼ(子供などに使うことが多い)
(例)このきしょー きかんぼ
来ない
(例)山田さんは来ないの?
きない
(例)山田さんはきないのげ?
〜なの? (疑問文)
(例)この間言っていたこと本当なの?
〜け?
(例)こないだいってだのほんとげ?
帰り
(例)今日はもう帰るの?
けえり
(例)今日ははあけえんのけ?
いいかげん ばか どじなこと
(例) あんまりいい加減なこというんじゃない
ごじゃっぺ
(例)あんまごじゃっぺなこといってんじゃねぇど
すっきりする
(例)畑に行ったらすっきりするよ
せえせえする
(例)のらさいったらせえせえすら
〜でしょ 〜だっぺ 〜べ  ぺは茨城弁の基本中の基本です
田んぼ
(例)ちょっと田んぼに行ってくるよ
たんなか
(例)ちょっくらたんなかさ行ってくら
うそ ちくらっぽ
年寄り 年寄り達 としょり としょりだち
田んぼの見回り のまわり
つめたい ひゃっこい
そんなに
(例)そんなに怒んなくてもいいでしょうよ
ほーたに
(例)ほーたに怒んなくてもよかっぺよ
そうじゃないでしょ ほじゃあんめよ
お世話になる
(例)先日は大変お世話になりました
やっかいかける
(例)さきごろはどうもやっかいかけました
いいでしょ  (同意をもとめるとき)
(例)消しゴムかしてくれてもいいでしょ
よかっぺ
(例)消しゴムかしてくれでもよかっぺな
大丈夫 平気
(例)これだいじょうぶかな?
わぎゃねー わっきゃねー
(例)これわぎゃねーべー
そうなんだってねー んだちけな
そうだっけ? んだっけが?
国道125号線 ワンツーファイブ
これは茨城弁じゃないか(笑)なんかこう言っていました。


茨城弁の達人ともなると(主に年配者)怒っているよなしゃべり口調ですが
決して怒っているわけではありません。
はじめて聞かれる方はびっくりするかもしれませんが。

あとこれだけは言っておきたいのですが、いばらぎじゃなくていばらき
しもづまじゃなくてしもつまです。


トップページに戻る


TOP  商品内容  注文フォーム  ご利用ガイド  お客様の声  お問い合わせ

初めての方へ  自己紹介  農園の場所  昭和の農業  特定商取引法  Q&A

梨の1年作業  梨の品種  梨の歴史  梨をおとどけするまで



梨の生産・直売