6月の農園日記

2008年  12月
2009年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10 11月 12月
2011年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2012年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月3月 4月 5月 6月
6月12日 梅雨らしくなってきた

梅雨にはいったが全然雨が降らない状態が続いた。
が、今日はひさびさに雨が降った。

降らないのも困るし、強い雨が降りすぎるのも困る。

この間、スピードスプレーヤという消毒をする機械が故障した。
20年ほど活躍した。

またこの農業機械というのは値段が高いのだ。

パソコンの動きがとても遅いので、軽くするため適当に調べて
いろいろ試してみた。

なるほど、だいぶ軽くなったな。

6月4日 


豊水の摘果終了。
豊水も霜被害をうけているため、生産量は例年より少なくなる予定
6月3日 幸水の仕上げ摘果終わる 豊水摘果

順調に育つ幸水の実 (6月3日)


幸水の摘果もひと段落して豊水、あきづき新高の摘果をしています。
やりのこしなどもあるので、もくもくと作業をすすめます。



今日は伸びてきた草を刈りました。いままでなかなかできなかったので

草刈り前



草刈後

6月2日 霜害のその後



今年の4月下旬におそった霜による被害がその後時間の経過とともに、はっきりとわかって
きたのですが、現在とりそこねて残っている果実はこのような状態になっています。

ここまでひどくなっていると出荷できないのでもったいないですが、取り除いてしまいます。
中心から模様のようになっていたり、結構深くえぐられたようなものもありました。

霜の害は初経験だったのですが結構甘く見ていました。場所により被害がないところや
同じ果樹園のなかでも被害の程度が違かったりしています。

空気がよどみやすかったり、地形の影響や土地の高低さなど様々な条件がからんでいる
と思われます。
気温1度の違いが命運の分かれ道です。

雹や病気は何度も経験済みですが、新たに霜という自然災害をみせつけられた年に
なりました。

今年度は荒れていた去年の5月と比べれば穏やかな5月だったと思います。
雷などほとんどなかった。

4月後半の気温の低さと風が強い日が結構あったかなと思います。


昨日は小学校の運動会だったのですがビデオ撮影にきをとられ、写真撮影が
あまりできず、いい写真がとれなかったな。
トップページに戻る

304−0012 茨城県下妻市若柳丙322-13 石島梨農園 サイト管理 石島太郎
電話、090-6182-1014 メール info@74ya.com