6月の梨農園日記


2008年  12月
2009年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月3月 4月 5月 6月


6月29日 ワールドカップ

決勝トーナメント1回戦です。
日本対パラグアイ

今午前1時。0対0.ロスタイム終わり延長線です。

この試合ながびきそうですね。
明日ワールドカップで寝てねーよっていう人多そうです。

これからどうなるでしょうか。がんばれ日本。


順調に生育が進んでいます。
雷も雹の恐怖も今年は感じていません。
病気も去年より少なめです。
感染が広がらないように地道に見直しです。

春先の低温は心配しましたが今は蒸し暑いです。
ほんと蒸し暑いです。

風がないと結構きついです。こうはみずぼうそうです。保育園は数日やすみです。
6月27日 ねこタクシー
最近子猫が家の周りに住みついてます。
ねこタクシーのドラマを見ていたからでしょうか!?


カモの卵もなくなっていました。
無事かえったかあるいは野良犬に食われてしまったか。
5匹くらい野良犬が群れていたからです。

野良犬の群れは結構怖いです。
前、夜中に10匹以上群れていたのには正直恐怖を感じました。
人類を襲う計画をしているかのようでした。

最近は少なくなりましたけどね。






6月26日 栃木へ

最近はつくば方面に買い物に行くことが多かったが今回は宇都宮方面へ。
宇都宮上三川はいろんな店が集まってるエリアで前来てからまた店が増えているような気がする。

最近はこういった郊外型のショッピングセンターが多いですね。
このなかの餃子の王将すごく込んでました。
栃木県内にはここ1店舗だけみたいですね。茨城県内ではたぶんないですね。見たことないです。

その後真岡囲頭公園に。ここはとにかく広いです。
暑いんでスワンのボートに乗りましたが手こぎのボートもあり結構にぎわってます。
他に一万人プールや温泉などもあります。


6月25日 梨園研修
今日は下妻市内での研修会でした。
今回は新品種である”あきづき梨”の視察。

他に研修に行くことが多い中、地元にもたくさんの圃場
があるため様々なやり方を聞くことができました。

この品種の特徴の管理の仕方や土壌管理にワラをしき
木の本の細根に肥料を吸わせるやり方などきくことができました。


その後10何年ぶりかに東京ドームに行ってきました。
巨人対横浜線です。
3類側の席でちょうどファウルボールが飛んできそうな位置です。
ここに座ってると自分に直撃するんじゃないかと思います。
6月20日 父の日のプレゼント



今日は父の日で長男がキーホルダーをプレゼントしてくれました。

キーホルダーは星を書いたそうです。普通にうれしいですね。
絵も去年の今頃に比べてだいぶ上手になりました。

摘果作業がひと段落してくる時期です。
今は新高梨の袋かけをやったり見直しをしています。

病気の葉を園外にとりのぞいたり地道なことをやっています。
収穫までこの地道な作業は続きます。
6月18日 梅収穫したよ


庭になってる梅を収穫しました。
これで梅酒と梅サワーをつくりました。



ついでにレモンサワードリンクをつくりました。
今回は紅茶もいれてつくりました。
材料はレモンの他に、氷砂糖と酢です。

飲むときは水で薄めます。健康によくて金かからなくてそして結構おいしいです。
これからの暑い季節にいいですね。
6月17日 関東も入梅入り3日目くらいか 今日は蒸し暑い

昨日今日と蒸し暑い。扇風機だしてエアコン掃除しました。
エアコンはいくら掃除してもなんだかカビやばい菌撒き散らしているような
気がする。
スイッチ押して窓全開にしてし空気を入れかえたらあとは
大丈夫なような気がすることにした。いつもそうゆうことにしている。


摘果ひと段落しても病気のチェックや新高梨の袋賭けなど地味にやること
がいっぱいある。
これからの時期この見直しが結構重要になってくる。
梨の大きさも変わってくるし、枝も伸びてくる。

見直しは仕事が終われる感じではないのでいまいち気が張らないが仕方ない。



6月10日 摘果も終むかえる

5月下旬の写真。
下妻市の小貝川ポピー畑。下妻ジャスコのすぐ近く。
この時期が見ごろです。


同じく5月下旬頃の幸水梨。
今はもうちょっと大きくなりました。

今日もカモは卵をあたためていました。
ちゃんと10個ありました。
6月7日 梨畑でヒナがかえる??
あわてて携帯でパチリ

いつもどおり仕事をしていたらなんと畑にカモがじっとしている。
近くを通ったらびっくりしたらしく親鳥が逃げていってしまった。
その逃げ方にこっちもびっくりするではないか。

どうやら卵を温めていたらしい。10個の卵があった。
鶏の卵くらいでかかった。

梨だなの上に鳥が巣をつくることはたまにあるけども地面に作るのは初めてだ。
稲わらをすいていたから巣にちょうど良かったのかもしれない。
その後も壊さないように仕事をした。とてもほのぼのしている。

ところでここ最近は平年より若干気温が低めだと思う。
4月の雪に続き、5月の低温の状態。
農業の条件としては厳しい状態が続いている。

平年より果実の肥大もよくない。
開花が遅かったし、気候条件によってこれらが左右されてくる。
特に低温時期の受粉作業による失敗で生産量は少なめ
だと予想される。

農業をする以上気候条件はさけられない。
受粉の成功率により生産量が決まってくる。
今になりながら気温はどうにもならないが他に方法はなかったのかと考える。

トップページに戻る
304−0012 茨城県下妻市若柳丙322-13 石島梨農園 サイト管理 石島太郎
電話、FAX 0296-44-1100 メール info@74ya.com