2010年 農園日記 2月

2008年  12月
2009年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月3月 4月

3月19日 剪定終わる
          
(膨らみ始め日々成長している花芽)        庭の梅の木


3月もお彼岸にはいり日中はとても暖かくなってきました。
梨の木も芽が膨らんできて春の開花の準備を始めています。
桜が開花して1週間後くらいには梨の花も咲き始めます。

11月の下旬からはじめた剪定作業もようやく今日終わりました。
長い長い期間でした。
毎日地道に地道にやってきました。
基本的に剪定作業は地道に黙々とやる作業です。

終わるまでまで果てしないなーと思っていたけど終わってしまったらあっという間でした。
寒い期間なので毎日外仕事でほんとうに大変な仕事です。

剪定は本当に奥が深いのでそこが面白いところだと思います。
枝を切る位置でまったく出来栄えが異なるし、収穫量も異なるので
おいしい梨をたくさん取るには本当に重要です。

木の勢いを調節し、来年の姿をイメージすることが大事だと思います。
仕事をはじめたことは枝を切って来年どういう伸び方をするのか想像が出来ません
でしたが、今は来年の姿をイメージしてできるようになりました。

それでも毎回枝の出る位置や太さ、枝の質など複雑に入り組んでますので
毎回が勉強だと思います。

毎日枝切っててやんなってきたなーとか思うときもたくさんあったけど、理想の樹形や
枝の配置ができたりするととても達成感があります。
剪定でおおよの梨を収穫するのがわかります。それだけ重要だってことです。

3月9日

今日もどんよりとした雲がかかり、今にも雨が降り出してきそう。
また真冬なみの寒さだ。



3月8日 今日は寒い・・・

暑い日と寒い日が交互にやってきています。
今日は真冬なみの寒さになりました。ここ数日雨も多いです。
今日ももくもくと剪定作業中です。




のこぎり、はさみ、カッターは必需品。カッター枝を棚に縛るときに
倒しにくい強い枝など枝にきりこみを入れるときに使います。



枝が平行に並べられると気持ちいいなー!



3月5日 剪定作業も追い込みのじきです

今日はとても暖かい日でした。半そででも平気くらい20度近くなりました。
3月にはいり、せんてい作業も後半戦です。
最後の追い込みに農家は大変忙しく、あせりを感じる時期になっています。
またこの暖かさがあせりを助長させてくれます。

4月に入ると開花し、また新たな作業が始まってくるため、
毎日毎日スピードアップした剪定作業になっています。

(剪定した後の枝を歩くてんとう虫)
てんとう虫も見られるようになりました。
このあたたかさで出てきたんでしょうか。今年度はじめてのウグイスの
声も今日聞くことが出来ました。

  
(若木園の剪定作業の様子。樹齢8年)

今は若木園の剪定作業をしています。1本1本、木の元気さ
を見ながら枝を切っています。
骨格を考えたり、ならせる実をイメージさせて、作業を進めています。
枝がちょっと弱いなーモンパ病かなーとか考えながらやってます。
ここの園地はモンパ病がひどかったためその影響がでているのかなと
考えています。

そんな時は土壌を改善したり、木に負担をかけないようにあまり梨の実を
ならせないようにします。
人間と同じで弱ってきているときは、働かせないで、休ませるわけです。
休ませるってことは実をあまりつけないってことです。




枝の切り口に保護剤をぬり菌の進入を防ぎます。


3月4日


最近の康太郎のお気に入りはカルタです。
まだひらがなは完全に覚えていませんが、何回かやっているうちに
覚えてくるようです。
これにはびっくりしました。

字がわからないので、読む言葉とその絵を覚えるようですね。
その速さは字がわかる大人よりはやくとることができます。

とっても自慢げに見せてくれます。
カルタの種類も恐竜やシンケンジャーなど好きなもので
やっているんでやっぱり好きなものだと覚えるのがはやいんですね。
2月11日 建国記念の日

昨日あたりから目がしょぼしょぼしてきた。
花粉がとび始めたということでしょう。アレルギー専用目薬を探し出し、
畑仕事で使うゴーグルをひっぱりだしました。
でもこれも隙間から花粉が入ってくるのかあまり効果がないんだよね。
まー使わないよりは気分的に防げるかんじはするんだけれども。


昼はいつも家でご飯を食べていますが
今日は気分を変えて弁当を作ってみました。

明日で屋敷前畑の剪定が終わりそう。
明日からは屋敷横の剪定にとりかかろう。
2月3日 節分

上の写真は何かというと保育園で作ってきた鬼のお面です。
青鬼です。

本日雪がとけて畑がぬかってます。
土がべたべたしてます。
雪が解けた後はこんな感じになってます。
ちょっと嫌です。
長靴が汚れるからです。

そんな感じで剪定作業が進んでいます。

2月2日 雪が積もったよ

今年はじめての雪です。
これだけ積もったのは2年ぶりだったかな。確か去年は積もらなかったよね。
梨園も一面雪化粧となりました。

昨日の夕方あたりから雨が降りだし夜には雪に変わっていました。
だいぶ雨が降っていなくて乾燥していたのでとてもよいおしめりになります。
畑の土も乾燥していて雨がほしいなと思っていたところです。


2月1日 初午 

今日は初午です。
初午(はつうま)とは2月の最初の午の日をいいます。
稲荷社の縁日であるようです。
本来は旧暦の2月のことを言っていたようですが現在では新暦をさします。
旧暦では春の暖かくなってきた頃でしたが現在ではもっとも寒い時期になっています。

この初午の日にすみつかれをつくります。
家でも作りました。
トップページに戻る

304−0012 茨城県下妻市若柳丙322-13 石島梨農園 サイト管理 石島太郎
電話、FAX 0296-44-1100 メール pearfarm@ever.ocn.n