10月の農園日記


2008年  12月
2009年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

10月21日 今年の梨の販売終了しました

本日をもちまして今年度の梨の販売を終了させていただきます。
最後の品種新興梨も終了させていただきました。
今年度も本当にありがとうございました。

現時点で残りご予約品のみの発送となります。
本日雨でしたので明日の収穫で発送できればと思います。



10月 20日 晴れ 最高気温19度 最低気温15度

10月18日 撮影。梨園の様子

朝晩涼しくなってきてちょうどいい気温の日が続きます。
花粉も飛ばないし、暑くもなく、寒くもない自分にとっては一番過ごしやすい季節
です。

今まで夏が一番好きだったがここ最近は暑過ぎてまいるのでどちらかというと
しんどくなってきた。
10代、20代は暑さはさほどきにもしなかったが、30代になってきて季節も敏感に
感じるようになった。

もっともこの仕事は季節を敏感に感じるが・・・。

梨屋にとって収穫が終わった今はほっとする季節。また来年の準備をはじめるときでも
あります。




土の中に空気圧を入れ苦度重焼燐を入れることやってます。
10月15日 新興梨 発送中です 今月末で終了です

今月23日に都内でマルシェやります。
10:00〜16:30にJR山手線大崎駅周辺でマルシェが開催されます。
以前からフリーマーケットのような形で開催していたイベントです。

人気若手芸人らによるお笑いライブはじめ、ミュージックライブ、
地元の方の催し物など色々と開催されるようです。場所は最近再開発
著しい品川の隣駅の大崎なので、立地も申し分なく、地域にも密着した
イベントになっているようです。
10月12日 新興梨の発送始まる

梨の収穫も終盤です。
最後の品種(新興梨)の登場です。この品種は親に二十世紀なしをもつ品種です。
甘みの中にほどよい酸味があるためこの梨が一番好きという人もいます。

ただ一般的に小売店ではあまり売られていなく知名度も高くないため知る人ぞ知る品種になっています。

また日本梨にしては貯蔵性がよく涼しい場所や冷蔵庫など保管状況がよければ正月まで
日持ちするという特徴ももっています。
保存しておいてもシャリ感も失われることがないため冬場風邪をひいたりして食欲がないとき
など私はこの新興梨を食べます。水分補給にとてもおススメです。

見た目は少しごつごつしていて固そうにみえます。
皮をむくと水分が多く、果肉が柔らかいことに驚く方もいます。



新高は食感が固めですが以外とデリケートで梨の表面が傷つきやすいんです。
表面は傷つきやすいが食感は梨のなかで一番固いです。

今年の猛暑と水分不足の影響でこの(新高梨)にはロスがかなり出ました。
直射日光をもろにくらった新高は表面が焼けてしまったり、割れてしまったり
の梨が多くでました。

今までに見たことがない状態でした。
品種によってこんなにも違うんだなということもわかりました。

新興はそんな焼け玉などの被害もなく本当に品種によって違いますね。
このような違いは今年のような年ははっきりとわかります。

なくなり次第終了となりますのでよろしくお願い致します。



トップページに戻る
304−0012 茨城県下妻市若柳丙322-13 石島梨農園 サイト管理 石島太郎
電話、FAX 0296-44-1100 メール info@74ya.com