6月の農園日記

6月は幸水に引き続き豊水、新高などの摘果を行っています。
摘果が終了すると、新高の袋かけを行っています。

2008年 12月
2009年 1月 2月3月  4月 5月 6月




6月30日 若木土壌消毒


若木(樹齢1〜5年位)はとにかく病気に弱い。
子供と一緒で手をかけてやらないとすぐ病気で枯れてしまう。

主に白モンパ病と同枯病。
この日の土壌消毒はこの白モンパ病対策で土の中に薬をいれているところ。
この病気は木の根にモンパ菌がつき枯らしてしまうやっかいな病気。
完全に治すことは難しく、予防のようなことかな。

土壌中なので病気の進行も気づきにくい(ーー;)
モンパ病が進むと葉が黄色っぽくなってしまう。
でも黄色っぽくなるのが分かる時点でもう遅い。手遅れなのだ。そのまえに気づいてあげなければ。

おっこし畑で1本モンパが進んだ木があった。樹齢7年くらい。
来年は枯れてしまうかも。


6月29日 黒星病見回り 新高袋かけ



今日はクワガタを見つけました。ちょっと弱っている梨の木のみつがでてるとこに
いました。いたといってもこれからどんどんでてくるんですが^^;

今の子供たちはカブトムシとかクワガタってお店で買ってくるんですかね?
もしくはそれもなくゲームのむしキングとか??

自分の子供のころは早朝に雑木林にとりに行ったり、カブトムシがよってくる
自家製蜜を作ったりしてましたけどね。自家製蜜は家の木にぬってたんですけど毎日
のようにきてましたよ。作り方がなにかでやってたんです。

なかには大量にとってきてペットショップに売りにいく奴もいました。たしか中学のころ(~o~)
このへんはオオクワガタはあまりいませんでしたけど。コクワガタとかノコギリクワガタとか。

あとカブトムシのめすはブタメスって言ってましたね。普通カブトムシのメスはブタメスって言わないんですかね??もつとこあまりなくて痛いし、人気なかったけどね(~_~)

さてさて梨園の状況はといいますと今日はヘビがいました。(また昆虫の話??)
しかも1mくらいはあったのでけっこう太くて気持ち悪かったです。(またカメラ持ってませんでした。)
でも意外とかわいい顔してるんですよこれが!!

この時期梨の果実に黒星病が出始めました。ここ最近はそれらを見つけては感染が広がらないように排除しています。
後は葉っぱで混んでいるところを切ったりします。来年の花芽を考えたり日当たり、消毒がよくかかり黒星病になりにくくするためです。
一度摘果を終わらせても梨園にいくといろんな仕事がでてきます。
まさにてをかければかけるほどいい物が出来るというわけです。

6月26日 青年部 圃場診断



今日は梨農家の青年部が集まり各圃場を巡回した。
幸水満開後70日目を迎え、現在の生育具合を確認しました。

果実の大きさやなっている数を数えたり、収穫に向けての園地の様子
を各農家見回りました。

畑によっても個性があるのですが作る人によっても個性があります。
他の畑を見るということは非常に勉強になります。

開花が早かったので例年より玉のおおきさは大きめです。

6月25日 豊水2回目 見直し プロジェクト活動



今日は午前は梨農家の産地を変えるプロジェクトの話合い。
主につくば、守谷、大洗での試食販売、等々。
生産者、普及所、農協が一体となり新しいこころみを青年部で行っています。

下妻は200件くらい梨農家がある巨大な梨の産地。
市場出荷の銘柄産地。
けれど組織がおおきすぎて小回りきいたことがなかなかできなかった。


何かはじめようと立ち上がったのがこのプロジェクト。

ここ農村では農家の高齢化や担い手不足から生産農家も年々減少していっています。
これからそのスピードは益々加速するでしょう。
古い梨の木を全部伐採した園地もたまに見かけます。

そんな場所にも新しい風が吹けば良いなと思います。
歴史がある下妻の梨がもっと有名になればいいなー。



午後は豊水梨の2回目摘果の見直しなどなど。

幸水梨はだいぶでかくなってきました。
雨が続き2日畑に入らないとでかくなっているのが分かります。
しかし幸水の黒星病も果実に発生しはじめました。
幸水はこの時期まできたらでかくなっていてめったに落とさないが黒星病がついた果実
はやむおえずすてることになります。
6月18日 今日も雨が降ったりやんだり


              幸水        豊水       あきづき      新高        新興

着々と梨は肥大していっています。梨がおおきくなるにつれ
軸も太く強くなってきています。

一番左の写真はフェロモントラップ コンフューザーNといいます。
害虫をおびき寄せない為梨園に等間隔に配置させております。

数年前から始まった減農薬につなげるこころみです。
6月17日 梅雨空 ジメジメ 

ここ数日大気の状態が不安定。典型的な梅雨空が続いています。
夕方から夜に降雨がある。

今日は追肥をしました。これから果実の肥大が大きくなっていきます。
豊水の2回目摘果も行っています。

結構でかくなってきてますがその中でも小玉な梨や変形は落とします。
もったいないけどこれも大玉で品質のよい梨をつくるため!!!

小さい梨には犠牲になってもらいます。
残った梨に栄養がいきおいしい梨になってもらうためこつこつ見回ります。


6月14日 ドライブ






今日は栃木県にあるツインリンクもてぎに行ってきました。ここはサーキット場があったり、子供が乗れるバイクやカートがあったり、自然体験ができたりとファミリーで楽しめるところです。昔の車やオートバイ350台が館内に展示してありました。
F1カーなど間近で見ることなどないので迫力がありました!!

その日は偶然館内でウエディングフェアーをやっていて模擬結婚式が行われていました。

アシモくんも舞台上に出てきて言葉をしべったり、拍手のジェスチャーをしたり司会進行をしていましたよ(*^_^*)
初めてアシモくんをみました!

写真はアシモくんのジェスチャーのまねをしていた息子です・・・。

ランチは場内にあるハンバーガーショップで頂きました。


外にでるとバイクの音が聞こえて行ってみると、コースでライダー達が一生懸命練習をしていました。
6月13日 キウイフルーツ ヘイワード




去年雄木に病気が入り受粉ができず小玉が多くなってしまったグリーンキウイ(ヘイワード)。
今年は2年目の雄木が花をさかせなんとか受粉することができました。

なので果実の肥大は順調です。2年目のオスの木はまだ細くヨワヨワしいのだが結構開花しましたよ!
300個くらいはとれそうです。

キウイはメスの木とオスの木があって両方ないと実がつかないんです。
よく出回っている緑のやつはヘイワードっていいます。
最近いろんな品種がでてきています。

あとあと2年目の苗木(ゴールドキウイ、ジャンボイエロー、アップルキウイ、紅心)
も順調に育っています。

まだ細くて実をつけると弱りそうですがキウイは枝の伸びがすごいから来年くらいには収穫できそうです。

あと3〜5年後には収穫量がふえてきそうです。
そのころ販売開始したいとおもいます(^^)/~~~こうご期待☆


6月12日 関東も梅雨いりしたなー

保育園に行き始めて2ヶ月たちどうやら慣れてきたようだな。
最近のおきにいりは折り紙。
ひさびさにやってみようとするとこれがなかなか難しいな!
飛行機はおれるけど手裏剣は忘れちゃったな(^^ゞ

最近はちょっと暴力的になってきたんじゃない??

パンチするのはいいけど寝てるときに突然のぼるのだけはやめてくれ(^_^;)
びっくりするから。

最近までクレヨンでぐちゃぐちゃかまるだったのにいつの間に絵書けるようになったんだ??

そういやまるを書いてたまごーーーって言ってたけど、
人の顔をかけるまでになったのか!!

子供の成長ってはやいなーーー

6月11日 こった時はこれ!!





摘果は毎日続きます。
一日両腕をあげて顔をあげて作業するため背中
や腰がこってきます。

そんな時是非おすすめなのがこの2キロくらいの
ダンベル(^^)

床においてあおむけになり背中や肩、腰などにあてる。

自分の体重で体を動かしてつぼに調節する。
これはダンベルの丸いとこにあわせる。

自分で調節できるとこが実にいい!

このダンベル2キロくらいの軽いやつでまるいとこの
おおきさがちょうどいい(~o~)

是非おためしあれ!!くせになります。

その他首に効く便利なものも売ってます。
6月7日 幸水、豊水の摘果終わりました\(◎o◎)/!



今日はとても良い天気です。摘果も一通りみまわってひと段落です(*^_^*)
幸水、豊水の摘果は終わりましたが、新高、新興の摘果はこれからです。

受粉や摘果などの棚上の作業が続いたのでこれからは、ぼうぼう生えた棚下の草を刈ったりします。

木の根元は木のためにもなるべく立ち鎌で刈るようにしています

梨園は畑によっても違うのですが、梨棚が低い畑は少し頭を下げながら歩かないと梨の枝で頭をぶつけてしまいこれが
またとっても痛いのです・・・・(>_<)収穫のころには梨も大きく更に梨の重みで棚も低くなりよく見て歩かないと大変です!

6月5日 曇りのち雨 


6月1日の写真 午後3時40分

ここ数日梅雨のような雨が続いています。降ったりやんだりジメジメした時期がはじまってきました。
みなさん快適にお過ごしでしょうか?

現在の梨畑は豊水梨の摘果を行っています。
この間6月1日は雷がやってきました。

まっくろい雲があっという間にやってきてあっという間に去っていくんです。
こんな日はひょうのトラウマの記憶がよみがえります。

雷がくると・・・・ま・まさか(゜o゜)という気持ちになるわけです。
梨のことが心配で強くふる雨をみているわけです。

こういう日の雨は最初大粒の雨がぼつぼつ降ってきて、だんだんどしゃぶりのような感じになっていくわけで
その途中にひょうがふってくるわけです。
大粒の雨は屋根のトタンにガツ ガツとおとをたてながら降るので、ま・まさかとなるわけです。

雨をよくみていると小さい粒のようなものがはねている。もしかしてひょう???(T_T)


・・・・・・・・ほんの一瞬でしたがたしかに少し降っていました。
この日はほんの一瞬で梨には影響がなく問題はありませんでしたが
天気だけは本当にどうすることもできません。ヒヤヒヤした瞬間でした^^;
6月2日 相変わらず摘果

いやー忙しい時期です。
新梢管理したり摘果しています。

今日もいつもどうり仕事をしていると棚の上でニュルッと動くものが・・・・
正体はへびでなんです(-_-;)

木の枝にも似ているし、葉っぱでごじゃごじゃしているのでなかなか見分けがつかないのです。
なので顔の目の前で発見することが多いのです。

本当に分かりづらいので下手すると触ってしまいます。
一瞬びびってしまうのですがこれがじっくりと見てしまうんです。

写真が撮れなかったことが残念です。
6月1日 
6月1日幸水梨


今日は今年はじめてカメ虫を発見しました。
別名ヘップリ虫です。昔このような呼び方を聞いたが最近は聞かないなー・・・

やつは梨の果実を吸ってしまってでこぼこにしてしまうんです。
とても厄介なやつで繁殖力もすごいのです。
2年間くらいに発見が遅れて大量発生し、かなりの量をやられた記憶があります。

なので奴を見かけたら無条件に殺ってしまいます。
はさみでまっぷたつにしてしまうのです。

するとくっさいにおいをはっするのです。これが厄介です。はさみがカメ虫くさくなります。

飛んで逃げるので慎重にしとめることが重要です。
一撃必殺です。これからの季節こうしたことにも気をつけなければなりません。

仕事はこれで終わりというのではなく畑に行くとなにかしら仕事ができてくるのです。
ここでカメ虫しとめておけば被害は最小限になるが気づかず何日も過ごしていると
繁殖してしまうとかあります。

なので畑の観察も重要になってきます。

5月へ


304−0012 茨城県下妻市若柳丙322-13 石島梨農園 サイト管理 石島太郎
電話、FAX 0296-44-1100 メール pearfarm@ever.ocn.ne.jp