2009年 2/3月 農園日記


2008年 12月
2009年 1月 2月3月  4月 5月

3月30日 もう春だねー


肌寒い日が続きます。桜も開花の進みは遅れ気味でしょうか。
このあたりはまだそんなに咲いていないような気がします。

それでも季節は確実にすすみ梨の花芽の蕾も開いてきて、
春のおとずれを感じさせてくれます。





3月25日 千葉 木更津潮干狩り いちご狩り




まだ肌寒い3月25日木更津で潮干狩りに行ってきました。
近くの海岸はまだオープンしていないらしく、現時点でやっているのは
ここ木更津海岸と富津海岸だけでした。
ここは駐車場から歩いて10分くらいかかり大きな橋を渡っていきます。
近くには自衛隊があり、飛行機がしょっちゅう近くを飛んでいます。

この日の潮見表では潮干狩りの時間帯は午前中
なので分厚い雲も覆う中雨が降り出さないうちにいそいで始めました。
やってみるとなかなかおもしろく子供より私が夢中になり沖のほうでやってました。
場所によりとれるとこととれないとこがありこつをつかめば結構とれます。
また平日なので人もまばらでした。

持参していったいつも野良で使っていた長靴はどうやらひびがはいっていたらしく
水がはいってきて途中で交換しました。

その後さっちゃんちの幸せいちご園という変わったネーミングにひかれ
袖ヶ浦でいちご狩りをしてきました。
高設栽培なので腰をかがめることなくとれるのでとても楽です。
食べ放題30分といっても思ったほどは食べれませんでした。
3月23日 剪定終了する。 終わった終わった(^・^)

約4ヶ月ひたすら剪定作業をしてきましたが、ようやく終了しました。
今日は一通り終わった後、残しておいた樹齢5年くらいの幸水とあきづき
の若木を剪定しました。


蕾もじょじょに大きくなり暖かい日もあればまだまだ朝、晩は寒い日が続いています。
3月19日 じゃがいもうえつけ





昨日にも増して暑い日。半袖でも日中いけます。

今日はじゃがいもをうえました。
毎年彼岸中にやります。去年の残しておいたジャガ芋と買った種芋と
友人にもらったポテトチップス用のジャガイモの3種類をまきました。
品種はメークイーンとかきたあかりとかその辺かと思います。
正確な名前が分からずです。

うねを作り、肥料をまいて半分に切ったジャガイモを植え、最後に米ぬかを
まいて土をかぶせました。

普通は米ぬかなどまかないらしいのですがなんだかおいしくなるということでまいています。
それも厚すぎてもだめなようで薄く均一にまくようにとのことです。母が言っていました。

普段梨ばっかりなので野菜を育てるのも新鮮です。
3月18日 晴れ 花粉にプラスして黄砂も猛威をふるってます。
  

        


今日はとても暖かい日でした。
20度くらいあったそうです。あたたかすぎです。
家にある梅の花はもう散り始めています。
この暖かさで桜の開花も早まっているそうです。以前は入学式に桜が咲いていたのが
このままいくと卒業式に桜が丁度よくなるかもしれません。

桜の開花が早いと梨の開花も早くなるのか・・この暖かさで蕾がどんどんふくらんでくる梨の花芽も剪定の
スピードを上げてくれます。
剪定ももう少しです。

3月17日 若木の梨畑 剪定



ここの梨園は2003年に植えた比較的新しい幸水園です。
樹齢は6年です。木が若いので枝の骨格を作っていくため樹齢の進んだ木に比べ剪定が難しいです。
枝がまだ広がっていないので棚上はからからです。

10アールの面積に約60本うえてあります。
樹齢が進むにつれて枝と枝が重なってしまう為、間伐をします。
せっかく育てた木を切ってしまうのはもったいない感じがするのですが根のはり具合や枝の混み具合
を考えるとそうもいってられません。

樹齢が20年くらいになると20本くらいまで木を減らす予定です。


右の写真は枝の先端。わざと斜め45度くらいに立たせています。
通常誘引(枝を棚に縛る)ときは棚にぴったりとつけるのですが、木の骨組みを作りたくて
伸ばしたい時には充実した葉芽で切り返しなるべくたてて起きます。

枝はたかいところに強く伸びる習性があるので主枝や亜主枝(骨格)
を作るときや予備枝(来年のために準備する枝)を使うときはこのようにします。
3月11日 目がかゆい(>_<)
今日は風が強く寒い日でした。
ゴーグルをつけていても隙間から容赦なく
花粉が入ってくるのか目がかゆくてかゆくて
たまりません。

こんな花粉の時期ははやく過ぎてほしいものです。
3月6日 屋敷回り畑 剪定



ここ最近は雨が続いています。3日には雪も降りました。寒い日が続いています。今日も一日冷たい雨。
こう雨の日が続くと剪定がはかどりません。

だんだん暖かくなるのでなるべく速く終わらせたいと気持ちだけはあせります。
春になるといよいよ梨の花が開花し、花つみや受粉作業など忙しくなってきます。
4月までには終わらせないとって感じです。
3月3日 妹の住んでいる東京に行く



葛飾区に住んでいる妹のところへ遊びに行きました。
高速を使えば家から2時間もかからないところですがあえて一般道で行きました。

思ったより国道6号(水戸街道)が混んでいて、やっぱり首都高でいけばよかった
と思いながらのろのろでの走行です。
普段近場を走るときはそんなに混んでいないのでちょっと疲れます。

久々にいくと前あった団地がなくなっていたり東京の街はすぐかわるし、
路地が細いので迷ってしまいました。

どこいこうかと迷ったあげくうまいもの食いにいこうと行ったことがない築地へ。
海鮮丼を食べてタレントテリー伊藤の兄がやっているたまごやきを買って
帰りました。あまくておいしかったです。

2月23日 祖父も剪定
じょじょに日が長くなり段々暖かくなってきた。
暖かい日は祖父も畑にでて剪定する日もある。
3世代で同じ仕事をしている。これはかなり珍しいことじゃないかな。

剪定は芽を切る位置、残す枝など人により様々な切り方があるが今の自分の技術の基本はこの人のはさみの使い方になっている。
2月14日 花粉飛び始める。

今日は日中かなりあたたかった。なんと最高気温は24度。
2月とは思えない暑さ。観測をはじめてから2月としては過去最高気温になったらしい。

過去の記録を更新とか聞きなれてしまったけど本当はとんでもないことかもしれない。
異常気象は確実に進んでいる。それが慣れてしまって普通のことになってしまうのが本当に恐ろしい。

13日には春一番がふき花粉も飛び始めた。
一日中外にいる私は目がかゆくなってきた。くしゃみ鼻水はないけれど。
本当に冗談じゃない。誰が杉の木を植えまくったんだ。とんでもない。
2月7日 福代地北 新高畑 剪定中

もくもくと剪定作業をしております。
のこぎりとはさみの使いすぎで右腕が筋肉痛になってきます。
新高梨は幸水などに比べ剪定が難しくなく比較的作りやすい品種だと思います。
樹勢が強く梨もたくさんとりやすい品種です。
2月3日  節分
  
 
大宝八幡宮での豆まき。美喜が行って来ました。
いつも物投げるなと言われている康太郎はここぞとばかりに豆を投げつけていました。
【福は内福は内〜♪鬼は外鬼は外〜♪福でもってぶっとめろ〜】
地方で呼び方はいろいろあるのでしょうか。家ではこう言っています。
2月1〜2日 長男会 旅行  会津若松
        
鶴ヶ城
         
                                               会津飯盛山

長男会の旅行に福島県会津若松に行ってきました。
地域の旅行です。
今年はいったばかりなのではじめての旅行でした。

2009年1月へ   2009年4月へ


トップページに戻る



304−0012 茨城県下妻市若柳丙322-13 石島梨農園 サイト管理 石島太郎
電話、FAX 0296-44-1100 メール pearfarm@ever.ocn.ne